ビフィズス菌は下痢にも効果ある?

ビフィズス菌は下痢にも効果が期待できます。
ビフィズス菌は私たちの腸に住んでいる常在菌で、便通の改善など体に良いはたらきをしてくれます。
便秘を改善するはたらきはよく知られていますが、実は下痢にも効果が期待できます。
ビフィズス菌は腸内で乳酸と酢酸という弱酸性の酸を作り出します。
この酸は腸の壁を刺激して、腸内の物を前に押し出す運動(蠕動運動)を正常に調節するはたらきがあります。
蠕動運動が速すぎて、腸から水分を十分に吸収できないまま便が体の外に出て行ってしまうのが下痢です。
ですから、乳酸と酢酸によって蠕動運動がゆっくりに回復し、下痢の改善に効果が期待できます。
また、ビフィズス菌をたくさん摂ることによって下痢になってしまうのではないかという質問もありますが、これも心配ありません。
あくまでも蠕動運動を正常に調節し、腸そのもののはたらきを良くしてくれるので、便通の正常化が期待できます。
腸内のビフィズス菌を増やすためには、外から乳製品などで直接摂り入れたり、オリゴ糖や食物繊維など腸内細菌のエサになる食べ物を摂り入れたりすることが重要です。
また、運動や睡眠などの生活習慣を見直し、腸内環境を改善するように心がけましょう。

 

 

ビフィズス菌でアレルギーを改善できる?

ビフィズス菌は健康のために役立つ働きをする善玉菌の一種なので、アレルギーの症状を緩和したり体質改善をするために効果的です。
花粉症など季節性の鼻炎や、アトピー性皮膚炎などは生まれつき兆候があったりいつの間にか起こったりする厄介な症状です。
飲み薬や塗り薬で対処することもできますが、根本的に解決するためには体の内側から体質を改善することが大切なので、ビフィズス菌を摂取すると免疫力が高まってアレルギーに対して強い体を作ることにつながります。
善玉菌をたくさん持っている人は腸内環境がいつでも整った状態を保つことができて、便秘がなく血流もよいので、デトックスができて細胞が活性化されています。
体の隅々まで細胞がしっかり活動すると、自分が本来持っている免疫力を強化することができて、外部からの刺激を受けにくくなって体がアレルギー反応を起こすことが少なくなります。
ビフィズス菌は善玉菌の中でも特に数が多い種類の腸内細菌で、ヨーグルトをはじめとする発酵食品から手軽に摂取することができます。
人間の身体に馴染みやすくて有効な働きをしてくれる細菌なので、毎日ヨーグルトを食べるようにしたり、ビフィズス菌を増やすことを心がけて生活すればアレルギーを克服するために役立ちます。

 

 

腸への効果って何?

ビフィズス菌は日本国内で最も有名な善玉菌の一種ですが、この菌が腸に具体的にどのような効果を持っているのかということについて、正確に把握している人はそこまで多くありません。
では、ビフィズス菌は腸にどのような効果を持っているのかというと、最も大きな効果となるのは殺菌作用です。
一見すると菌のビフィズス菌が殺菌作用を持つというのは不思議なようにも見えるでしょうが、これは主に悪玉菌に対する殺菌作用となります。
悪玉菌は腸内で肉類の分解を担当する必要不可欠な存在ですが、しかし数が増えすぎるとさまざまな症状を引き起こしてしまうこともあります。
ですがビフィズス菌が増えると、その殺菌作用によって悪玉菌を殺菌して数を減らし、増殖を抑制してくれるわけです。
これによって腸内の環境が整って便通が良くなり、全身の健康に機能してくれるのです。
さて、しかし注意したいのはビフィズス菌が胃酸に弱い性質を持っていることです。
よくおやつ感覚でヨーグルトを食べている人がいますが、これだとヨーグルトの中にいた大半のこの菌が、胃酸で破壊されて腸に届かなくなってしまいます。
これを防ぐには先に食べものを胃に入れておく、つまり食後のヨーグルトのようにするのが最適ですから、これも覚えておきましょう。

 

 

グリコの製品にはどんなビフィズス菌が入っているの?

グリコのヨーグルトには、独自に開発されたビフィックスというビフィズス菌が使われています。
長年の研究開発で発見された善玉菌で、ヒトに由来する細菌なので私たちの腸内で馴染みやすく活発に活動してくれます。
グリコのビフィズス菌は胃酸の影響を受けにくいのが特徴で、生きたままで腸内まで届いておなかの中で増えていきます。
普通の善玉菌は、せっかく食べてもほとんどが胃の中で酸のダメージを受けて死んでしまいますが、ビフィックスは生存率は今までのものよりはるかに高いのでしっかり腸に届いて善玉菌の数を増やすために役立ちます。
グリコのヨーグルトにはいろいろな種類があり、プレーンタイプのほかに低脂肪タイプ、ブルーベリーやストロベリー、アロエ、フルーツミックスなど味の種類が豊富です。
飲むヨーグルトもあるので、忙しくてゆっくり食べている時間がない人でも毎朝飲むだけでしっかりビフィズス菌を補給して、腸内環境を正常に保つことができます。
ビフィズス菌は寝不足やストレス、風邪などの体調不調、加齢などいろいろなことが原因で減ってしまうので、継続的にヨーグルトを食べたり食物繊維やオリゴ糖など善玉菌を増やすための食材を食べることで健康維持ができます。

 

 

関連性があるウェブサイトはこちら

上で説明したように、ビフィズス菌には様々な効果が期待できるんですね。
そのうちの一つとしては、便秘に効果的という話もあります。
しかし、便秘の症状がなんら良い方向に行かないということもあり得ますから、そのときは別の対策を取ることになります。
例えば、運動、食事の改善などがあり、最近話題になっているのが便秘のお茶です。
便秘のお茶は生活にも取り入れやすいので、便秘で悩んでいる方はご参考に。

 

便秘でおこる吐き気や腹痛の対処法